筋肉ムキムキのタレント、野村将希さんが水戸黄門に出演していたことを知っていますか?

柘植の飛猿という役でこれがまたはまり役なんですよね~

水戸黄門を知っている人も、知らない人も、野村将希さんの名優っぷりを見ておいて損はありません。

 






スポンサーリンク

・野村将希の水戸黄門での役割は?

 

冒頭でも少し触れましたが、野村将希さんは水戸黄門で「柘植の飛猿」という役割を演じています。

水戸黄門を見ている人なら、当然知っていると思いますが知らない人の為に簡単に説明します。

 

柘植の飛猿とは・・・
ゴリゴリのパワー系忍者で、肉弾戦が得意。素手で壁を難なくぶち壊す程のパワーを持っている。
しかも素手のみならず鉄砲、乗馬、刀の技術も目を見張る程の格闘のプロ。

普段は越中富山の薬売りの恰好に変装しており、恰好だけでなく実際に薬の知識も持ち合わせている博識。

基本的には水戸光圀一行とは行動せず、お銀と行動している事が多い。

 

水戸光圀一行が水戸の西山壮に到着すると、柘植に帰りお別れとなりました。

 

柘植とは三重県の伊賀地方の地名ですね!

伊賀と言えば忍者で有名なので聞いたことがある人も多いはず。

名阪国道を走っていると上柘植インターがありますし、伊賀上野にはでっかい忍者の人形があります。

 

 

かなり渋い

 

基本的には良い感じの忍者で、困った時に頼りになる存在って感じでです(^^)

この柘植の飛猿役がまた野村将希さんにドはまりで、すげー名演技なんですよ。

普通に殺陣のシーンもかっこいいし、しぶいんだよなー

 

筆者は水戸黄門自体はそんなにがっつり見てはいなかったのですが、こいつのせいで結構詳しく知っていました。

 

 

 

 

バイトしてたパチ屋でよーく見かけましたw(確か初代だった気がする)

一応台の勉強とかするので、その延長線で内容もある程度把握。

客付は結構高齢の方が多かったような記憶があります。

 

若い人もちらほら座っていましたが、多分内容は知らないと思いますw

 

 

[ad#co-4]

 

 






スポンサーリンク

・柘植の猿飛のあれこれ

 

野村将希さんが演じた柘植の猿飛という役は水戸光圀や佐々木助三郎等の実在した人物とは違い、完全に架空の人物として描かれています。

実在しないがゆえに結構なパワーキャラになったのでしょうw

 

悪事はここまでだ!

 

このセリフが痺れます。

 

 

 

また、水戸黄門の歴史の中で唯一二代目がいないキャラなのです。

ずっと、野村将希さんが柘植の飛猿役を演じています。

 

主人公の水戸光圀はなんやかんやで通算5回は変わっていますし。

助さん、格さんは7回変わっています(;´・ω・)

 

第17部~第28部の期間しか登場してないから変わっていないという理由もあるのでしょう。

 

しかし柘植の猿飛=野村将希さんというイメージが非常に強く、ファンの間でも人気が高かったので納得の配役ですね(^^)/

 

 






スポンサーリンク

・まとめ

野村将希さんは水戸黄門で柘植の飛猿という役を演じていた。

かなりのはまり役で、ファンの間でも人気が高い。

 

 

スポンサーリンク