photo

NHKの受信料、皆さん払っていますか?

NHKの受信料の支払い率を知れば、周りの人がどういう対応をとっているか知る事が出来ます。

2016年の5月24日に2015年のNHK受信料の支払い率が発表されました。

結構前の話ですが、気になったのでまとめてみました。

スポンサーリンク

NHKの受信料支払い率はどんなもの?2016年はどうなる?

 

NHKが独自に調査したデータによると、受信料の支払い率は全国平均で76.6%でした。

この数値はなんと過去最高のようです(^^)

NHK受信料の支払い率が高い県トップ5を順番にならべていくと

1 秋田県 97.6%
2 島根県 94.5%
3 新潟県 93.6%
4 鳥取県 92.8%
5 山形県 92.4%

このような結果になりました。見事に田舎というか過疎地域が上位を占めていますね。

逆にワースト5は

1 沖縄県 48.4%
2 大阪府 60.6%
3 東京都 65.5%
4 北海道 66.9%
5 京都府 70.3%

このような結果です。都市部は人の入れ替わりが激しく、警戒心も強い人が多い為はっきりと断る傾向が強いようです。

これは2015年のデータなのですが、2016年のデータは来年の5月ごろにまた発表されると思います。

2016年は2015年に千葉県の男性に対して受信料18万円の支払いを求めた裁判でNHK側が「完敗」した事件の影響で、受信料の支払い率は下がるのではないでしょうか?

裁判沙汰に発展する程のNHKの受信料問題。

実際に払わなくても平気なのでしょうか?

NHKの受信料の支払いが義務化!?どういうこと??

 

img_0_m

 

マイナンバー制度が施行された2016年。マイナンバーにより全国民を国が把握できることができるようになったことで自民小委がNHKの受信料を義務化すべきだと提言しました。

実際のところ受信料の支払いを求められても拒否する人が大勢いるため、各個人からテレビの有無に関わらず受信料を徴収できる方法を検討すべきだということらしいです(^-^;

NHK見ている人ならいいですけど、実際見ない人も大勢いるのに強制的に徴収というのは納得いきませんよね(´・ω・`)

ビートたけしさんが「見ない自由もある」といっていたのをよく記憶しています。

現状はテレビ、ワンセグがある世帯から受信料を徴収していますが、この先の未来テレビをもっていなくても受信料を払う時代がくるかもしれませんね(^_^;)

最近はNHKの受信料ついて色々事件があるので勉強しておいて損はないですね。

スポンサーリンク