広瀬すずさんの主演ドラマanoneがとうとう放送されました。

2018年最初の主演ドラマということもあって、ファンの立場からすると是非見ておきたいですね。

あらすじ等も一緒に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

 

・広瀬すず主演ドラマanoneとは?

2018年1月10日から放送が開始された広すずさん主演のドラマanoen(あのね)。

広瀬すずさんと言えば「ちはやふる」や「海街diary」等のヒット作に出演し、「元気な少女」というイメージが強い人が多いと思います。

事実広瀬すずさんは2018年1月現在まだ19歳という若さです。

筆者驚き。まだ10代だったのか・・・

てっきり25くらいかと思っていましたw

 

それはさておき、広瀬すずさんが「学校のカイダン」以来3年ぶりの主演となるこのドラマ。

内容がかなり「暗い」のです。

暗いというのは、広瀬すずさんが今まで主演してきたドラマや映画と比較して暗いという意味です。

 

 

全てを失ってしまった少女は、それでも生きようと思った。
でも、生きる術を知らなかった。
そして、ある老齢の女との運命的な出会い
それはある事件がきっかけだった――

このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上でほんとうに大切なものはなにか?
を人々に問いかけ、
真実の人間愛を見つけていく物語です。

 

生きることの意味や大切なことを探すというコンセプトです。

チアダンスを踊ったり、カルタをしたりするのとは随分違いますねw

この頃

ドラマの内容自体は見た人ならなんとなくわかると思いますが、普通におもしろいです(^O^)

テーマが「うそ」ということもあって、この記事を書いている時点ではまだ1話しか放送してないですが次の放送が楽しみですね!

 

2018年はこのドラマに出て、更に2019年にはNHKの連続テレビ小説に出演に決定している広瀬すずさん。

売れっ子は忙しいですね~(´・ω・`)

 

・広瀬すずはどんな役割?

広瀬すずさんはドラマの中で「辻沢ハリカ」という実年齢と同じ19歳の少女を演じます。

悪い目つきである

仕事は「特殊清掃員」でネカフェに寝泊まりする少女。

今までの作品と随分違い、

広瀬すずってやっぱカワイイ!

って感じではないですね。むしろ

広瀬すずってこんな演技もするんだ、へ~

って感じです。

 

特殊清掃員」という仕事は、そな名前の通り特殊な清掃員で、普通でない状態をキレイにするお仕事なのです。

ドラマの中では人の形をしたシミを特に顔色を変えず淡々と掃除していた姿が印象的でした。

 

ドラマのざっくりした内容は、

第1話は、ハリカは清掃のアルバイトをしながら、2人の少女と共にネットカフェに寝泊まりしていた。 
楽しみは、療養中の男性という「カノンさん」と他愛ないチャットをすること。 
そんなある日、友人が「札束の入ったバッグが捨てられるのを見た」と言い出し、「柘(つげ)」という町を目指す。 
一方、亜乃音は自宅1階の廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円の束を見つける。 

医者から半年の余命宣告を受けた持本舵(阿部さん)はカレーショップをたたもうとしていたが、最後の客となった青羽るい子(小林さん)と意気投合し、死に場所を求めて柘にたどり着く。 
そこで、捨てられた大金をきっかけに出合うはずのない人たちが出会い、後には衝撃の事実が明かされる……いうストーリーだった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000001-mantan-ent

 

 

関わりのない人間が柘という町で交差していく内容ですね。

 

ちなみに、このドラマの初回の視聴率は9.2%でした。

この9.2%という数字は日本テレビ水曜10時からのドラマとしては歴代最低の数字です(´・ω・`)

視聴者としては、ドラマの内容うんぬんより、元気な広瀬すずを期待していた人も多いのではないでしょうか。

筆者もその1人で、別に主人公の役は広瀬すずじゃなくてもよかったような気がします。

 

・まとめ

2018年最初の主演ドラマanoneの広瀬すずは一味違う雰囲気。

視聴率はかなり厳しかった。

 

スポンサーリンク